正しい使用方法を

カラコンだけでなく通常のコンタクトレンズでも同様ですが、コンタクトはメガネとは異なり目の角膜に直接つけて使います。目は非常に傷つきやすい部分のため、安全にカラコンを利用するためにも、使用方法には十分に注意しなければなりません。そうした意識を持たずに、みんなが使っているからと気軽に考えて雑な保管をしたり、ケアを怠ったりすることは大変危険です。最悪の場合は失明する可能性もあるということをきちんと理解しておきましょう。

コンタクトは正しいケアと使い方をして初めて装着できるものということを忘れないでください。カラコンは通常のコンタクトレンズよりも酸素透過性が悪く角膜の傷や感染のリスクは高いです。酸素が欠乏してしまえば角膜が腫れ、見え方が悪くなり慢性の充血の原因にもなってしまいます。レンズの手入れを怠ると、表面に雑菌やカビが付着・繁殖し、それが目に入ることで炎症が起こったり、アイシャドーなどの化粧品がレンズについてしまうことで眼球を傷つけたりといったケースもあります。また不注意でレンズの裏表を逆にしてつけてしまうと眼球に傷がつき、取り返しのつかないことになる可能性もあります。

失明というのは余程誤った使い方をした人の極めて特殊な事例です。実際に販売されているカラコンに粗悪品はほとんどなく使う人の使い方が正しければ安心できるものがほとんどです。とはいえ眼球に直接つけるものなので正しい知識を持っていなければ大変なことになりかねません。これらの製品は購入者が正しく取り扱うという前提のもとで販売されているということを忘れてはいけません。