ドライアイ

カラコン装着時に目に違和感があったり、視界がかすんだりするトラブルは、ドライアイが原因であることがほとんどです。カラコンをつけっぱなしにしていたり、長時間目薬を差さずにいたり、アイラインをまつ毛の内側にも引いたりする方はドライアイになりやすいので注意が必要です。コンタクトには含水率という水が含まれる割合がありますが、定期的にうるおいを補給してあげなければドライアイがより悪化してしまいます。

また、乾燥しすぎるとカラコンが目に張り付いたままとれなくなってしまうこともあるため、目薬を定期的に使用して水分を絶やさないよう気を付けましょう。まつ毛の内側へのメイクがドライアイに良くないのは、涙の蒸発を防ぐためのマイボーム腺がアイラインによってふさがれてしまい、乾燥しやすくなるためです。場合によってはアイラインが原因で炎症が起きることもあります。手が汚れたまま目をこすったり、レンズの保管や洗浄方法に問題があり汚れが残っていた場合も炎症が起きやすくなります。

こうした状態でもきちんとした対策をとらずに無理にカラコンの使用を続けていると、角膜の傷は徐々にひどくなっていきます。ついてしまった傷はカラコンをやめてしばらく目を休ませることで自然に治りますが、刺激を極力抑えるためにメイクや洗顔も制限されてしまいますので、普段からケアには気を遣いましょう。フォーチュンコンタクト